グリーン企画は松本市、塩尻市、安曇野市、辰野市、大町市、伊那市を中心にお庭からライフスタイルを提案する外構工事エクステリアガーデンの設計・施工の専門店です

0120-284728

お気軽にお問い合わせください

- あなたのお庭を素敵にする会社 -

  • 2018.5.2

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    コラム


    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    代表的な桜「ソメイヨシノ」が散り、葉が付いてきた頃、塩尻市の奥地 片丘地区でひっそりと「カタオカザクラ」が満開を迎えます。

    「カタオカザクラ」と地元の地名が付いている桜なのにもかかわらず、
    若い人にはほとんど知られていません。

    現在では、”幻の桜”と呼ばれている「カタオカザクラ」

     

    こうした「カタオカザクラ」の経緯には驚く理由がありました!

     

    「カタオカザクラ」とは?

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    桜と言えば、江戸時代から日本で最も親しまれ、日本の桜80%を占める「ソメイヨシノ(染井吉野)」を始め、八重咲きになる「ヤエザクラ(八重桜)」、樹齢が古く大木になる「エドヒガンザクラ(江戸彼岸)」、枝が柔らかいため、自身の重みで枝垂れる「シダレザクラ(枝垂桜)」などが有名ですね!

     

     

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    「カタオカザクラ」は、「カスミザクラ」の突然変異種で、花びらは白に近い淡いピンク色から、濃いピンクに変化する珍しい桜です。

    ↑ ↑ このように、花の色が変化していくので、満開を迎えると、紅白の花びらを楽しむことができます。

     

    花びらの形も、他の桜に比べ、細長く、星形ですね!

     

    咲き頃は、毎年4月下旬~5月上旬頃。

    今年は松本城の桜の満開が4月3日だったのに対し、「カタオカザクラ」は他の桜の開花3週間後の4月25日頃に満開を迎えました。

     

    満開後、濃いピンクに変化したカタオカザクラ

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

     

     

     

    幻の桜「カタオカザクラ」が消滅危機!?

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    「片丘」という地名が入っているにもかかわらず、あまり知られていない「カタオカザクラ」。

    当時、片丘の高ボッチ山麓で自生していましたが、約60年前1960年に起こった山火事で1本残らず全滅したという記録が残っています。

    そこから数年、山の自然植物は復活しましたが、「カタオカザクラ」は突然変異種のため、再び見ることはできませんでした。

     

     

    「カタオカザクラ」を再び蘇らせたいとの声が!

    大惨事の山火事から20年・・・

    1980年に「片丘の名の付いた桜を地域に再び蘇らせたい!」との声が上がり、当時の塩尻市教育委員長ら有志による「カタオカザクラ」復活への取り組みがスタートしました!

     

    しかし、片丘の「カタオカザクラ」は1本残らず焼けてしまった上、
    突然変異種の「カタオカザクラ」は種や苗木もなければ、
    限られた場所でしか育たない桜だった為、簡単には進みませんでした。

     

     

     

    栃木県の植物園で「カタオカザクラ」と再会!

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    山火事以前の資料をたどっていくと、1本だけ栃木県の植物園に移植されていた事実が判明!

    さっそく、穂木として接ぎ木し、移植を試みることになりました。

    そして、4年後1984年に3本塩尻市役所などに移植する事が成功しました。

     

     

     

    「カタオカザクラ」育成の難しさ

    しかし、「カタオカザクラ」は増やすにはとても難しい品種。

    突然変異種という事、独特な育ち方限られた場所でしか育たない事など、様々な要因から、100本挿し木をしても成木になるのは1本あればいい方・・・

    種をまいても無事、発芽するのは2.3芽しかないと言われています。

    さらに、そのまま育ってくれても、突然変異前の「亜種」などカタオカザクラのDNAとは異なるものになってしまう事がほとんどだそうです。

     

     

    「カタオカザクラ保存会」によりふるさとに「カタオカザクラ」還る!

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    1992年に正式に「カタオカザクラ保存会」が結成され、”カタオカザクラでふるさとを埋め尽くす”という壮大な夢を抱え、活動されています。

     

    そのかいあって、現在では、『片丘ざくらの碑』があるかつて自生地だった場所を中心に、片丘地区の様々な場所で約800本の「カタオカザクラ」を観ることができます。

     

     

    カタオカザクラ自生地には「片丘ざくら之碑」が建てられています。

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

     

     

     

    「片丘ざくら之碑」には、カタオカザクラが自生していた歴史などが刻まれています。

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

     

     

     

    「カタオカザクラ」と触れ合い守り伝えよう!

    幻の桜「カタオカザクラ」を見に行こう!

    「カタオカザクラ保存会」の有志の方々の情熱的な活動があり、
    当時の「カタオカザクラ」を知らない子ども達を中心に「カタオカザクラ」と触れ合う機会が増えているそうです。

    子ども達にも挿し木を体験してもらったり、
    カタオカザクラの花の付いた枝をガラスボトルに保存する「フラワーボトル」作りなど、
    様々な体験を通して触れ合いが広がっているようですね!

     

     

     

    「カタオカザクラ」を見に行こう!おまけ

    カタオカザクラを見に行く途中で前髪ぱっつんのポニーに遭遇!!

    人慣れしているようで、グイグイ近づいてきて、「草をよこせ」と前足で催促してきます。

    周りの草をむしってあげるとムシャムシャ( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹”

    片丘ポニー

    小柄でしたが、まるまるとした体と、きれいにカットされたタテガミ(前髪?)がかわいい♡

     

     

     


    http://greenplan.co.jp/form/