タグ別アーカイブ: きのこ

【第2弾】りこぼうとあみたけの美味しい調理法

雑きのこ(りこぼう・あみたけ)の美味しいレシピ

りこぼうとあみたけの下処理と美味しい調理法

前回はきのことごぼうの鍋をご紹介しましたが、今回は第2弾温かいきのこそうめんと、揚げ出し豆腐きのこ乗せ、きのこの味噌汁をご紹介します。

あったまる♨きのこそうめん

あたたかいそうめんに、茹でたりこぼうとあみたけをトッピングしました。
つるっとした感触がおいしいですよ☆

そうめんには、油揚げや鶏肉、野菜も一緒に煮ました。

 

きのこ尽くし★揚げ出し豆腐ときのこ汁

豆腐に片栗粉をまぶし、多めの油でフライパンで揚げ焼きし、りこぼうのあんはポン酢でさっぱりと味付けしました。
みょうがとカイワレ大根も添えて( *´艸`)

お酒のおつまみにもピッタリのレシピです!是非、試してみてくださいね☆

 

りこぼうとあみたけの下処理と美味しい調理法

りこぼうとあみたけの下処理のやり方

①リコボウとあみたけの下処理は、ゴミをきれいに取り、ボールに塩水を作り、きのこを浸すと中の虫が出てきます。

②出なくなるまで水を何回か変えましょう。

雑きのこ(りこぼう・あみたけ)を使った美味しい調理法

【おすすめレシピ】リコボウとあみたけのきのこ鍋

《具材》

リコボウ

あみたけ

白菜

水菜

油揚げやさつま揚げ

木綿豆腐

鳥モモ

ゴボウ

 

ゴボウは笹がきにしてアク抜きしいれました。
ゆは白だしと薄口醤油で薄めの味付けに。
ごぼうとツルっとしたきのこのハーモニーが最高です☆☆☆

食べる時、お皿にとったら柚子胡椒をつけながらポン酢をチョロっとかけてŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

 

 

きのこ狩り!昼休みついでに三州街道を散策リコボウ・あみたけGET!

お昼の散歩がてら『めがね橋』~きのこ発見へ~

国道153号線沿いのグリーン企画のすぐ裏は、古くから伊那谷と松本平とを結ぶ重要な道路の三州街道だった道がすぐ横にあります。
久しぶりに天気が良かったので、国内唯一「れんが造り」現存の通称『めがね橋』までお散歩しました。

釣り堀も超えてどんどん行きます!10分くらい歩くと、あります!

地元の人にはめがね橋と呼ばれていますが、正式名は『蔵造(ぞうぞう)川水路橋』と言って水路の走る橋なんです。

とは言っても、今は水は走っていませんが、レンガ造りの水路橋は明治後期に全国で数多く造られましたが、ほぼ建設当時のまま残っているものは、今ではここだけと言うとても貴重な建造物なんです!

明治39(1906)年に造られ、南側は建設当時のれんが造りですが、北側はコ ンクリート補修されているので、グリーン企画、釣り堀方面から歩いていく方は反対側に回ってみると良いですよ☆

きのこ発見の帰り道

帰り道、山の方を見ながら歩いていると、きのこがありそうな予感・・・(。-`ω-)
これは、ちょっと入らねばと思い、山を少し登ってみると・・・!

あるではないか!!!

やはり!!!

大量(*^▽^*)大量(*^▽^*)

 

みょうがも見つけちゃいました☆☆☆

 

こんな風に裏をひっくり返してきれいな黄色だと新鮮な証拠です。

ホクホク( *´艸`)

明日は、今日獲ったきのこを使ったレシピを公開します☆

お楽しみに(^_-)-☆

 

りこぼうの下処理と美味しい食べ方

キノコの季節がやってきましたね。
伐採の仕事をしていると、秋のきのこに出会います。
こちらは、リコボウ!

塩尻市や安曇野市、松本市の山でもよく見られるきのこです。

正式には「ハナイグチ」と言うそうですが、長野県では「リコボウ」や「ジコボウ」と呼びます。
リコボウは、表面が赤茶色で光沢がありなめこのようにぬめりがあります。
傘の裏の部分は網状になってアミタケ科のきのこです。

リコボウ(ジコボウ)の下処理のやり方・コツ

リコボウは、とっても美味しいきのこです。
その証拠に虫たちも大好物です。
リコボウをとったら、まず傘の裏を見てみましょう。
結構、虫が食っている場合も多いです。
しかし、下処理をしっかりすれば、虫が食っていても食べることができます。
リコボウの下処理のやり方は、ボールに塩を多めに入れ食塩水を作ります。
そこへ、リコボウを入れ、半日から1日付けておきます。

(水に浮いている細かい白いのが虫です)

普通に水洗いをよくしただけだとこの虫は取れません!

そうすると、中にいた虫たちが出てくるので流水で洗いましょう!

(※リコボウ(ジコボウ)はアシが早いので、採ってきてその日のうちに下処理をし、その日か翌日には調理しましょう。切ってみて茎の中の方までキレイな黄色だと新鮮な証拠です。)

リコボウ(ジコボウ)のおすすめの食べ方

鍋や味噌汁など煮る系の料理にすると良いお出汁が出て美味しいです。

鍋はきのこの味を存分に感じられる水炊きがおすすめです。
おすすめはごぼうの笹ガキも一緒にいれると、リコボウとの組み合わせが絶妙でおいしいですよ☆

 

また、サッと茹でて大根おろしと和えたリコボウのおろし和えは一番ポピュラーな食べ方で、お酒のおつまみにもよくありますね!
(白だし、ポン酢、醤油で味付けしました)

 

また、天ぷらにしても美味しいです。
麺つゆでもいいですが、塩で食べてもリコボウの味がそのまま感じられます。

ぜひ試してみてくださいね!