タグ別アーカイブ: 土間コンクリート

駐車場土間コンクリート施工例松本市塩尻市

土間コンクリートとは

土間コンクリートとは、主に床面に施工する平坦なコンクリートのことです。
お庭のエクステリア工事にも、よく使用されます。
土間コンクリートの特徴は丈夫な事と耐久性の高さです。
下地をきちんと施工し、十分な厚みと鉄筋(メッシュ)があれば、
車が乗っても平気です
駐車スペースや道路から玄関までの間を覆うことで
夏は雑草対策になり、冬の雪かきも楽になります。
雨の日も泥だらけにならず、綺麗な状態で使う事ができます。
傾斜をつけて施工すると、車いすのスロープなども作る事ができます。
表面は白く明るいグレーです。
表面の仕上げ方法は、コテで綺麗に整えた「コテ仕上げ」、
刷毛(ハケ)を使い横引き線で表面を少し荒らす、
「刷毛引き仕上げ」などが主に使われます。
目地を曲線にしたり、石やレンガを使って、
おしゃれなお庭やかっこよいお庭をデザインする事も可能です。

駐車場コンクリート施工例

駐車場土間コンクリート

駐車場土間コンクリート松本市施工例

 

コンクリートの厳冬期の施行は注意が必要

コンクリート工事で注意したいのは、厳冬期の工事です。
長野県松本市、塩尻市、安曇野市は寒冷地です。
冬場の寒い日は、コンクリートが凍結の可能性があります。
コンクリート打設時に、氷点下を下回ると、
しっかりとした強度が出なくなります。
ですから、凍結しそうな時期に工事を行う場合、
防凍剤というコンクリートが凍らないようにする、
特殊な薬剤を使います。
しかし防凍剤を使うと、見た目が黒っぽくなったり、
養生をして、養生から垂れた水に反応し、白い雨だれのような跡も付きやすくなります。
なるべくなら12月から月くらいにコンクリート工事は下げたほうが無難です。
IMG_20170129_092407