グリーン企画は松本市、塩尻市、安曇野市、辰野市、大町市、伊那市を中心に、お庭づくりで幸せをつくるお手伝いをする外構工事エクステリアガーデンのお店です

0120-284728

お気軽にお問い合わせください

- あなたのお庭を素敵にする会社 -

  • 2018.9.11

    庭師に聞いた!庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?

    トピック


    庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?涼しくなって花が終わる時期がくると、庭が寂しくなってきますよね?

    庭いじりは、花が美しい季節は楽しいですが、花が終わりに近づくとおっくうになってしまいます。

    でも、土づくりをきちんとすれば、花を長期間咲かすことができるんですよ!

    基本的な土壌づくりは分かっている方も、気候や庭の場所ごとにに違う日照条件も考慮することで、花の持ちがだいぶ違ってきます!

    ここで紹介する「土づくりの方法」「手入れのコツ」を取り入れて、花が長く咲く庭を作ってみましょう!

     

    なぜ土壌改良が大切なのか?

    庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?

    肥料をやったり~、丈夫で強い植物を植えてみたり~、、、きれいな花壇にするために努力をしている方もいるかと思います。

    しかし、どんな植物を選んだとしても、一番大事なのは根をしっかり育てる土壌づくりです!

    なぜなら、植物は、ほぼ90%根から栄養を吸収するからです!

    もちろん、日光からも光合成を行い生きる生命力をもらいますが、ほとんどの栄養は土!

    人間で言ったら土の養分が「食事」であったら、根はそれを運ぶ「血液」のような存在です!

    その根が養分を運べないと、痩せて短命な花になってしまいます。

    なので、しっかり土壌づくりをし、養分がサラサラ流れる根を育てましょう!

     

     

    花を長持ちさせる方法【根を育てる土づくり】

    しっかりとした根を育てる土とは、水性植物などの有機物が混ざり、通気性かつ保水性に富んだ水はけの良い、柔らかい土を言います。

    一見、保水性(水もち)、排水性(水はけ/通気性)とは反対の能力を意味するものですが、水を良く含む有機質土と、排水性のあるサラサラした土を半分ずつ混ぜることで、良い土壌環境になります。

     

    花壇の庭の土づくり手順

    花壇の庭の土づくり手順

    1. 40~50cmほど掘り返し、ゴミを取り除きます。
    2. 水はけが悪いところは、底に砕石をひき、粗めの砂を入れる。
    3. 土に消石灰や苦土石灰をまき1週間寝かせる。(石灰と腐葉土は、同時に混ぜると効果が薄くなるので)
    4. 1週間後、赤玉土・腐葉土・バーミキュライト・元肥を土によく混ぜる。
    5. この状態で1週間放置し、出来上がり!(すぐに植栽すると根に悪影響の可能性もあるので、この状態で1週間放置してから草花を植えましょう!)

     

     

    ホームセンターに売っている培養土はどれを選んだらいいの?
    肥料・腐葉土・石灰などを混ぜ合わせた培養土はホームセンターにも色んな種類が売っていて、簡単に花壇や畑が作れるので人気です。

    しかし、配合の割合は種類によってさまざまで、どんな植物に向いているか分かれていますが、使う場所の土壌がその培養土に適しているかは分かりません。

    なので、含まれている肥料成分と花壇の土壌環境の相性も考慮しましょう。

     

    肥料はどれでも良くない!元肥と追肥

    元肥は、種まきや苗木を植え付ける前に、土壌に与えておく肥料です。

    元肥は、効果がゆっくりと持続する遅効性肥料(緩効性肥料)で、追肥は即効性のある肥料。

    肥料ならどれでもいいや~と思って追肥を入れてしまうと、最初は元気にグングン成長しますが、直ぐに元気がなくなってしまうので、土壌づくりには「元肥」を使いましょう!

     

    鉢植えに比べ、一度作ってしまえば、再度土づくりをしたり、植え替えることが少なくなる、地植えの庭の花壇。

    最初の土づくりが、花の持ちや生育を左右するので、しっかりと土壌づくりをしましょう!

     

     

    花を長持ちさせる方法【プランターやハンギングの土づくり】

    庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?

    プランターやハンギングなどは、その都度新しい土を使用しましょう。

    赤玉土5:腐葉土3・バーミキュライト2が基本的な割合ですが、置く場所によって少しずつ配合を変えると、花が長持ちします。

     

    プランター/鉢植え/寄せ植え

    赤玉土6:腐葉土4:元肥少々

     

    ベランダ/ハンギング

    環境 風通しがよく乾燥しやすい

    対策̻̻̻̻ バーミキュライトを足して水もちを良くする

    赤玉土5:腐葉土3:バーミキュライト2:元肥少々

    水やり 乾燥しやすいので、水やりで肥料が足りなくなりやすいため、追肥を頻繁にする

     

    室内

    環境 空気が動かないのでカビが生えやすく、根腐れしやすい

    対策 換気・受け皿に水を溜めずに清潔にする

    赤玉土5:腐葉土2:ピートモス3:元肥少々

     

    日陰・北側に置く場合

    環境 土が乾きにくく、水はけが悪くなる

    対策 軽石を混ぜる

    赤玉土5:腐葉土3:元肥少々:軽石2

     

     

    花を長持ちさせる方法【酸性の土壌には】

    基本的に、日本の土は酸性寄りに傾いています。

    そのため、アルカリ分の高い石灰を混ぜて酸性度を弱めます。

     

    消石灰とは、石灰(カルシウム)の補給、土壌pHを矯正するという働きがあります。
    苦土石灰は、さらに苦土(マグネシウム)が含まれています。
    苦土は葉緑素を作る性質があり、これが欠乏すると、葉が枯れたり、黄色くなったりします。
    苦土が十分の土壌でしたら、消石灰だけで大丈夫です。

     

    上記の「花壇の庭の土づくり手順」にもあるように、最初に石灰を薄くまいて、スコップでよく混ぜ合わせたら、1週間ほどおくのがポイントです!!

    1週間経ったら、腐葉土や肥料などを混ぜ合わせ、土壌づくりをしましょう!

    花を長持ちさせる方法【酸性の土壌には】

    花壇の土が酸性かアルカリ性か、きちんと知りたい時は、「土壌酸度計」や「酸度測定液」で土のPhを調べることができます。

    価格もピンからキリですが、家庭用なら3000円程度のもので十分だと思います。

    石灰をまきすぎてアルカリ性に傾むいてしまったら、酸性の土(ピートモスなど)を混ぜ合わせて中和させましょう。

    通気性の良いバーミキュライトを使用する場合は、一般的には中性ですが、中にはアルカリ性のものもあるので、注意が必要です。

     

    豆知識
    アジサイはその土地の土壌がアルカリ性だと赤、酸性だと青になります。
    マリーゴールドは土壌が酸性だと育ちが悪くなる。

     

     

    花を長持ちさせる方法【土づくりに適した時期】

    一度良い土を入れた花壇でも、年に一度は土壌改良を行いましょう!

    適した時期は、新しい花壇なら冬(霜が下りる前か雪が解けた早春)です。

    気温が低い空気に触れさせることで、土が柔らかくなり、土の中にこもっている病害虫を寒気にさらすことで駆除できます。

    すでに植物のある花壇では、夏がおすすめ。

    反対に、ひんやりとした土の中にいる病害虫を、真夏の太陽熱で駆除します。

     

    花を長持ちさせる方法【すでに植物が植えてある花壇で元気がなくなった場合は?】

    庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?

    病害虫が住みついた花壇の土や、一度草花が病気になったことがある花壇の土、固くなった土などは、植物を植えたとしても、また病気や害虫の被害が再発しやすくなったり、元気がなくなってしまいます。

    さらに、雑草が生えやすい花壇も、草取りしても種や根が残っているので、新しく土を入れ直すか、土壌改良材を混ぜて作りなおしましょう。

    プランターの土も土壌改良すれば、また花壇で再利用することができます。

     

     

    古い土の土壌改良手順

    1. 古い土をふるいにかけて、根やゴミなどを取り除きます。
    2. 夏の天気のいい日に、土を掘り起こし(30㎝位)、日に当てます。
      (夏なら2~3日、冬なら1週間、表土と深土の入れ替えを繰り返す)
    3. リサイクル剤・土壌改良剤を土によく混ぜ合わせ出来上がり!

    リサイクル剤や土壌改良剤は、石灰や有機肥料など必要な栄養が含まれているので、土に混ぜたら置かずにすぐに植物を育てられます。

    これで、ふかふかで良い土になりますよ!簡単ですよね!!

     

     

    花を長持ちさせる方法【水やりのタイミング】

    花を長持ちさせる方法【水やりのタイミング】

    地植えの花壇

    庭の花壇の水やりは、真夏以外はあまり必要ありません。

    真夏は、土の表面が乾いたら十分に与えます。

     

    プランター

    土の表面が乾いたら、底から流れ出るまでたっぷり与える。

    (受け皿がある場合は、水は溜めておかず必ず捨てる!)

     

    ハンギング

    頻繁に。土全体に水が行き渡るように。

    花期が長いものを育てる時は、即効性のある液肥をあげる。

     

    花に直接、あまり水がかからないように与えると花が長持ちします。

    また、プランターやハンギングは直射日光だとしおれてしまう事があります。
    そんな時は、日影を作ってやり、土が冷えてからゆっくりたっぷり水を与えましょう。
    置いてある場所や、日照時間によって水やりの回数も違ってくるので、毎日、土に触れて判断してくださいね!

     

    根腐れしてしまったら

    根腐れしてしまったら、水やりが多すぎたという理由もありますが、土壌環境が上手くいっていない可能性が高いです。

    この場合、水はけを良くするために、さらに
    赤玉土(小粒)2:腐葉土1:バーミキュライト1を加えましょう!

     

    覚えておくと便利!

    水はけをよくしたい場合・・・バーミキュライト

    水もちをよくしたい場合・・・パーライト

     

     

    花を長持ちさせる方法【枯れた花の摘み取りはマメに!】

    花が咲き終わったら、花がら(枯れた花)をマメに摘み取るのが大事!

    そのままにしておくと、新しい花がつきにくくなったり、
    病気の原因になることも!!!

    花を長く楽しむのに大切なのが、花がら(枯れた花)はやがて結実します。

    そうするとそちらに養分が取られるために、全体の花つきが悪くなり、株の寿命も短くなったりします。

    また、そのままにしておくと、枯れた花が腐ったりカビが生えたりして、病気になることもあるので、落ちた花びらや葉も残さないように!

     

    花がらの摘み取りやり方

    花がらの摘み取りやり方

    ◆しおれた花はそのままにしておくと、花付きが悪くなったり、病気になるのでマメに摘み取る。

    ◆花びらだけ取り、ガクが残ったままだと結実して種子ができます。花の茎からハサミで切り取ろう!

     

     

    花を長持ちさせる方法【株を元気にするコツ!】

    花が咲き切った時期に、全体の1/2の長さを残し、残りの半分の伸びた方の枝を刈り込みむことを「切り戻し」と言います。

    「切り戻し」をしなくてもいいのですが、そのままだと花を楽しめる期間が短くなり、花数も寂しくなります。

    元気な新芽が出てきて、再び花を咲かせるので、思い切って「切り戻し」をすると、長い期間花を楽しめます!

     

    切り戻しのやり方

    花を長持ちさせる方法【株を元気にするコツ!】切り戻しやり方

    ◆下半分を残し切り戻したら、追肥を与えます。(錠剤の緩効性肥料を根から離し、株の周りにおく。)

    ◆わき芽やこれから芽吹く節は残しておく。

    ◆切戻ししても、枝や葉が密集している場合は、根元から少し間引いて風通しを良くする。

    ◆切戻してカットした花は、花瓶に入れて切り花として楽しめます♪

     

     

    私の庭自慢!

    クレマチスモンタナとバラの庭

    クレマチスモンタナとバラの庭

     

    60代女性 さん
    フェンスに絡ませたクレマチス・モンタナが今年も一斉に咲きました。やさしい香りもあり道行く人の目を楽しませてくれます。今年は、ベランダ伝いにつるが巻き付きいい感じでしょ!クレマチスの後、5月になったら一斉にバラが咲き始めました。濃い紫色がカーディナルドリシュリュー、薄い方がラプソディー・イン・ブルーです。咲き始めは濃い紫で、咲き進むにつれ色を落とし、グレーを帯びたはかなげな色に変わります。とても魅力的なバラです。

     

     

    バラのアーチと小庭

    バラのアーチと小庭

     

    40代女性 さん
    バラ(ブラッシュ・ワゼット)のアーチをくぐり抜けると、くつろぎスペースが♪ミツバツツジの足元には、カラーリーフ(あさぎり草・風知草)、開花時期(1月中旬~5月、9月中旬~11月中旬)が長いオステオスペルマムを植え華やかにしました。

     

     

    腐葉土&家庭ゴミの堆肥作り

    土中の良い微生物を増やし、水はけや通気性を良くする働きがあり、土壌改良ではなくてはならない「腐葉土」は、藁・落葉・野菜くずなどを腐熟させた肥料です。
    この「腐葉土」は本当ならゴミになるものなのですが、自分で作ることで「節約」「ごみの削減」になるので、是非作ってみましょう!

     

    落ち葉を利用した腐葉土づくりはこちら↓

     

    害虫の温床に!?台風の後の落ち葉の再利用方法

     

    野菜くずで腐葉土づくり

    料理で出た野菜くずでも腐葉土は作れます。

    土の中や段ボールを使って自然に堆肥づくりも出来ますが、私は臭いや虫が嫌なので、3000円くらいで密閉できる専用の堆肥作りのバケツを使用しています。

    これ↓ ↓(楽天やAmazonに売ってます!)

    野菜くずで腐葉土づくり

    野菜くずをポンポン入れるだけ!

    水が出てくると、下の蛇口から水抜きできます。(この水は、水と混ぜて家庭菜園の水やりに利用!栄養たっぷり!)

    生ごみ処理発酵促進剤が必要みたいですが、私は一切入れずに放置!

    日当たりがいい場所においておけば、促進剤を使わなくてもちゃんと自然発酵で出来ます。密閉されてるので臭いも一切なし!!

    ※注意※肉や魚などの残飯は野良猫に掘り返されるので、野菜くずのみにしましょう!

    卵の殻、出がらしの茶葉やコーヒーかす、天かすは発酵を促進してくれるので入れます。

    生ごみが減りるので一石二鳥です!

     

    地味だけど大切!「土づくり」

    庭の花を長持ちさせる土づくりと方法 手入れのコツは?

    花を長持ちさせるには、土づくりが最も大切です。しっかりとした土壌環境を整えておけば、夏場の強い直射日光で元気がなくなっても、根がしっかりしていれば、すぐに息を吹き返してくれます!

    土次第で、栄養や水分、温度調整と、色んな役割を担ってくれるので、花壇はもちろん、家庭菜園にも参考にしてみてくださいね!