タグ別アーカイブ: 人工芝

人工芝のお手入れは必要?掃除はどうするの?

人工芝のお手入れ特集SP

人工芝のお手入れは必要?掃除はどうするの?

人工芝のお手入れは必要?掃除はどうするの?

天然芝と違い、メンテナンスフリーで冬でも青々ときれいな人口芝。

最近、外構工事をいただくお客様でも人工芝を依頼される方がダントツに増えてます。

 

もちろん年間通して変わらぬ見た目を保ってくれる人口芝ですが、

長年使っていると砂ぼこりの汚れや、芝草がへたってしまったり、見栄えも悪くなるもの。

 

人工芝はメンテナンスフリーといっても、全くメンテナンスしなくていいわけではありません!!

せっかくのキレイな人工芝を保つためにも、お掃除の仕方や注意点などをまとめてみました。

 

 

人工芝のメンテナンス『落ち葉や目に見えるゴミ』

人工芝のメンテナンス『ホウキ』

庭木などが近くにある場合は、落葉などが積もります。

天然芝と違い、人工芝は落ち葉が地面に還り栄養となることはありません。

そのままにしておくと、腐敗してしまうのでホウキや熊手などで掃除をしましょう。

 

 

人工芝のメンテナンス『砂ぼこり』

人工芝のメンテナンス『砂ぼこり』ブロアー

どんなにほうきでキレイにしていても、長年使っていると砂ぼこりが風で舞ってきたリ、雪にまじっていたりして徐々に蓄積してしまいます。

見た目には分かりにくいですが、土や砂は放置しておくと人工芝のクッション性を損ねたり、水はけ用の穴を目詰まりさせてしまいます。

これを解消するには、掃除機で吸い取ったりブロアーで吹き飛ばしてキレイにしましょう!

私の家では掃除機は、家の中用と芝生用と使い分けています。

芝生用は、T型の吸い込みノズルはブラシが回転しない方がおすすめ。

安い人工芝だと、縫ってある芝草が巻き込まれてちぎれてしまう事も。

芝草の生えている方向に沿って、優しく当てる感じで吸い取りましょう。

また、広範囲の場合はブロアーの強い送風で吹き飛ばしてしまうのも手!

ホームセンターで買えばそんなに高いものではないので、1台持っておいてもいいかもしれませんね!

 

 

人工芝のメンテンナンス『芝草が倒れてしまう』

人工芝のメンテンナンス『芝草が倒れてしまう』

同じ場所に重いものを置いたり、歩行が頻繁な場所は徐々に芝が倒れてきます。

ときどきナイロン製のデッキブラシでブラッシングをして芝草を立たせてあげるとクセがつかずにふさふさの芝生が保てます。

やり方は、芝目を逆に逆毛を立てる感じでブラッシングすればOK。

また、定期的なブラッシングには、水はけ穴の目詰まりも防ぐことができます。

 

人工芝のメンテナンス『液体汚れ』

人工芝のメンテナンス『液体汚れ』

飲料水やオイル・洗剤類をこぼしてしまった場合は、早めに水で洗い流すことによって変色・カビ・傷みを防ぐことができます。

また、動物の糞尿や油ものなどベタつくものをこぼしてしまったときは、乾いた雑巾に中性洗剤をつけふき取り、水洗いしてから自然乾燥させましょう。

 

 

人工芝の注意点

人工芝の注意点

人工芝を傷めないためにも、注意すること、コレはやってはいけないという事があります。

まず、重いものを長期間置かない!

植木やプランター、ベンチなど重いものを同じ場所に置いておくと、芝草が寝てしまい元に戻らなくなってしまいます。

定期的に場所を移動し、葉をデッキブラシなど起こして、ふさふさな芝を保ちましょう。

もうひとつは、車を停めないこと!

これも芝草が寝てしまうのはもちろん、発進や停車時のタイヤの摩擦により、芝草が痛んでしまい、ちぎれたりボロボロになりやすくなります。

 

 

人工芝を駐車場に使いたい場合は、タイヤがのる位置にコンクリートやアスファルトで舗装し、タイヤの間やサイドに人工芝を張る、 と見た目もおしゃれになりますよ(^^♪

人工芝を駐車場に使いたい場合は、タイヤがのる位置にコンクリートやアスファルトで舗装し、タイヤの間やサイドに人工芝を張ったり、

小道に場合は、頻繁に歩くラインに沿って平板を設置すると見た目もおしゃれになりますよ(^^♪

 

 

耐久性のある人工芝を選ぶのも大切!

耐久性のある人工芝を選ぶのも大切!

安いものを選んでしまうと、1年ほどでボロボロになったり色落ちしてしまうものもたくさんありますが、

きちんとしたものを使えば10年はキレイに保つことができる人工芝。

その中でも抗菌・抗UVなど機能性に優れたタイプや、丈夫で水に強いタイプもあるのできちんとした人工芝選びをすることで、長い目で見るとお得になります。

また、ただ地面の上に敷いたり、コンクリートの上に敷くだけでは水はけが悪いので、
水はけの悪い土地は暗渠排水をしたり、防草シートを敷くなどして、下地作りも重要です!

 

メンテナンスが必要といっても天然芝よりも圧倒的に手間のかからない人工芝。

長く快適に使うためにもぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

●関連記事●

●人口芝施工例●

 

お手入れ不要!おしゃれできれいな人工芝の庭

お手入れ不要!おしゃれできれいな人工芝の庭

一昔前までは、植木や植物の形を整えた、お庭そのものの造形が観賞用である
こだわり抜いた庭を作る方が多かったですが、
最近では、「お手入れのかからない」「おしゃれ」なお庭が人気です。

 

その中でも、裸足で走り回ったり、寝転んだり出来る「芝」は人気ですが、
意外とお手入れが大変なのがデメリット。

しっかりと知識を付け、年間通してお手入れをしなければ、
枯れてしまう事も珍しくありません。

そんな中、お手入れが不要で芝が楽しめる、
近年グンとお庭に取り入れる方が多い【人工芝】をご紹介していきたいと思います。

 

 

【人工芝】の特徴

【人工芝】を使ったお庭の施行例

  • 下地の施工をきちんとすれば、お手入れがほとんどいらない
  • 雨や風で芝が傷むことがほぼない
  • 踏んでもヘタレない
  • 虫が出ない・卵を産まない
  • 冬でもきれいなグリーンが楽しめる

 

庭に【人工芝】を使う理由

  • 共働きなどで庭に手間をかける時間がない
  • 植物の知識はないが、緑あふれる庭にしたい
  • 日当たりが悪い庭  など・・・

 

こう言った、メリットの多さや、時代や家庭環境に合わせた人気商品として注目されています。

 

人工芝を使ったお庭の施行例

ビフォーアフター写真【フェンス前】

【人工芝】を使ったお庭の施行例

 

施工前は、雑草のお手入れまで手が回らず、手の付けられない状態に・・・

 

施工後は、ブロック(インターロッキング)で縁取りし、人工芝を施工しました。

雑草で覆われていた場所はきれいに整地され、防草シートを敷いた上、
砂利敷きにしたことで、以前のような草むしりなどに悩まされることもなくなります。

 

ビフォーアフター写真【玄関前アプローチ】

【人工芝】を使ったお庭の施行例

施工前は、庭木などを植えたり、玄関前のアプローチを作ってあるものの、
お手入れが行き届かず、荒れ果てたお庭になってしまっています。

施工後は、玄関前のアプローチにコンクリートを施工し、
ブロック(ピンコロ)でアクセントをつけています。

以前もアプローチの間に目地を開けていますが、
その隙間からやはり雑草が生えてきてしまっているので、
おしゃれなブロックやレンガを目地として入れると、更にお手入れが楽になります!

 

アプローチサイドにある花壇はメインツリーや植栽をする予定。

こうして、ブロックなどでしっかりと区切り、
緑を入れたい場所と分けることで、緑を楽しみつつも、
お手入れが少ないお庭になり、訪れるお客様を玄関まで気持ちよく誘導できます。

 

 

植栽を入れた後のイメージ図

【人工芝】を使ったお庭の施行例

(人工芝と、窓辺の間のスペースには、いずれウッドデッキのテラスを作る予定という事で、
余裕のある空間を開けさせてもらいました。)

いくら、お手入れが楽なお庭が良いといっても、
緑が入ると柔らかい雰囲気になりますし、おしゃれなお庭になりますね!

また、家庭菜園のスペースもあり、お客様それぞれのご希望や必要に応じたプランニングに致しました。

 

 

人工芝の注意点

【人工芝】を使ったお庭の施行例

どんなにお手入れが楽と言っても、人工芝にも欠点や注意点もあります。

  • 安価な物だと、プラスチック感が強く、不自然
  • 10年ほどで交換が必要
  • バーベキューなど火気厳禁
  • 施工が悪ければ、雑草がすぐに生えてきたリ、カビがはえたりする  など・・・

 

現在では、ホームセンターでも人工芝は売られていますし、物の良い物もあり施工も簡単に出来ます。

しかし、施工前の土台作りや防草シートの施工などがしっかりできていないと、
水はけが悪くカビっぽくなったり、雑草だらけになってしまう事も!!!

そうならないためにも、土地の土壌環境や、施工をしっかりとする必要があります。

 

【追記】使用樹脂フェンスの紹介記事です。
合わせて読みたい

 

おすすめ人工芝のご紹介

自然な人工芝「クローバー・ターフ」レギュラー

おすすめ人工芝

グリーン企画で施工させていただく人工芝は、お客様のご希望がなければ、
「クローバー・ターフ」レギュラーをおすすめしております。

数種類のグリーンの色合いの芝、枯れた茶色のヘタった芝が混ざった、
自然な芝生に近い見た目を実現しています。

芝の長さは一般的な30mmで、手触り・密度・色合いとトータルバランスの取れた人工芝です。

 

おすすめ人工芝

おすすめ人工芝

さらに、FIFA推薦工場の特注生産品であり、
激しいスポーツにも耐えれる耐久性自然な見た目防炎認証済みなどおすすめの人工芝です。

 

 

より本物に近い自然な人工芝「K-TURF」

K-TURFおすすめ人工芝

更に見た目にこだわりたい方におすすめの人工芝は
「K-TURF」(ケーターフ)という商品です。

グリーンと茶色の糸や質感の異なる糸を数種類取り合わせ組み合わせることで、 芝生の1本1本がしっかりと立ち、見栄えが美しく天然芝のようなナチュラルさを再現しています。
さらに、芝生の長さも調整し枯れ具合もより繊細に表現し、よりリアルな質感を実現しました。

K-TURFおすすめ人工芝

K-TURFおすすめ人工芝

安価な人工芝は、使っているうちにヘタってしまいますが、
「K-TURF」は、芝糸1本1本に芯を入れてあるので、ヘタらず、クッション性がUPしています。

 

 

【人工芝】を使ったお庭の施行例

人工芝は、作り物感が出てしまい、不自然さがデメリットな声も多かったですが、本物の芝生のような商品もたくさん出ていますし、人工芝を敷く前の施工さえきちんとすれば、とても便利なツールです。

 

弊社では、実際に目で見て触ってその質感を体験できる、人工芝のサンプルもご用意しております。

お見積り・CAD図面作成すべて無料ですので、お気軽にご相談ください(*^▽^*)

是非、参考にしてみてくださいね!!!


http://greenplan.co.jp/form/