タグ別アーカイブ: 山菜

天ぷら以外の山菜の美味しいレシピ【うど・こごみ・うどぶき・ウルイ・たらの芽】

天ぷら以外の山菜の美味しいレシピ【うど・こごみ・うどぶき・ウルイ・たらの芽】

一昨日の山菜狩りで収穫してきたうど・こごみ・ウルイ・うどぶきの美味しいレシピをご紹介します。

 

 

山菜狩りの記事はこちら↓

 

 

 

 

天ぷら以外の山菜の美味しいレシピ【うど・こごみ・うどぶき・ウルイ・たらの芽】

天ぷらは美味しいけど、カロリーも高いし飽きたので、天ぷら以外の美味しいレシピをご紹介!

 

うどのレシピ

 

うどの煮物

油揚げとうど

うどのレシピ

 

厚揚げとうど

厚揚げとうどの煮物

 

 

うどの酢味噌炒め

オリーブオイルで炒めて酢味噌で味付け。

うどの酢味噌炒め

 

 

うどの粕味噌

酒粕でまろやか!

ご飯のお供やおにぎりの具に

うどの粕味噌

 

 

酒粕入りうど汁

酒粕入りうど汁

山うど・油揚げ・大根・人参・豆腐入り。

酒粕は火を消してから溶かしいれた方が、こうじ菌や酵母菌を殺さず摂取できます。

 

ウルイのレシピ

ポン酢和え(右)

サッと茹でてポン酢とごま油で和えました。

ポン酢和えポン酢和えウルイ山菜

 

 

うどぶきのレシピ

お浸し

シンプルisベスト!

おかかと醤油

うどぶきのレシピ

 

 

こごみのレシピ

おかか和え

こごみのレシピ

 

こごみと卵の白だし和え

こごみのレシピこごみと卵の白だし和え

 

 

たらの芽のレシピ

山菜入り炒り高野

高野豆腐・豚バラ肉・大根・人参入りの具だくさんひじき煮。

山菜はたらの芽・こごみ。

美味しかった。

たらの芽のレシピ

 

 

是非試してみてね!

 

美しく、恐ろしい自然の中で山うど狩り

美しく、恐ろしい自然と山うど狩り

山うど狩りに行ってきました~

 

お休みの日に山へうどを採りに行ってきました!

 

昨年うどが大きくなりすぎて伸びていたので、今年は1週間繰り上げたお休みの日に。

 

欲張りすぎた去年の記事はこちら↓

 

 

美しい山を散策

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

まだ、雪が残る山。

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

雪解けの水が流れてきます。

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

ツツジが咲いていました。

 

水飲み場。とっても冷えていて美味しい。

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

小さくて可愛らしいニリンソウが一面咲いています。

 

今日の昼食。

山登りの昼食

 

標高が高いと言えど、やっぱ暑い。

v山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

 

ここ数日、急に気温が上がり、夏日が続いていたので、

 

 

「去年より早めだけど、それでも遅いかもしれない・・・」

 

 

と不安になりつつも、

 

いつもの採れるスポットに。

 

 

 

でも、なんか違和感が・・・。

 

 

毎年訪れてる場所なので、間違えるわけもありません。

 

 

目を凝らしてみると・・・・

 

 

 

ど~~~~~~~~~ん!

山うど狩りに行ってきました~

 

 

ど~~~~~~~~~ん!!!

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

 

 

写真では伝わりにくいですが、雪崩で森一帯がすべてなぎ倒されていたのです!!

 

 

山うど狩りに行ってきました~

ついつい記念撮影を(;´∀`)

 

本来ならこの場所は、緑あふれるうっそうとした森の中です。

 

 

雪崩により景色が開けていて、一瞬同じ場所だと目を疑うくらい、去年との景色が違いました。

 

 

 

 

ついつい記念撮影を(;´∀`)

 

 

気温30℃あるこの夏日に、ここはまだ雪がこんなに残っているのです。

 

 

そして、森ひとつ潰してしまう自然のすごさと恐ろしさ!!

 

 

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

よく見ると、雪が解けたところからふきのとうが。

 

道端のふきはもう伸び切って花が咲いていましたが、

雪がかぶっていた場所だけは、やっとふきのとうが顔を出しているのです。

 

 

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

「この時期にふきのとうがまた採れるなんてね~」

 

 

良いものだけ少し採り、倒木をかい潜りながら奥へ。

 

 

 

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

 

さらに進んでいくと、こんなに深い雪の層が!!!

 

山うど狩りに行ってきました~ふきのとう

 

一番高い所で3mくらいあるんじゃないかな~。

 

これだけの雪がドドドドドッと押し寄せてきたら、人間なんてひとたまりもありませんね(;’∀’)

 

 

 

 

収穫した山菜

本日採れた戦利品は、まさかの7種類同時収穫!!

標高が低い山では、雪が解けた頃にふきのとうが採れて、タラの芽、こしあぶら、こごみ、ウルイと順番に出てきますが、同時収穫できました!

山うど・行者ニンニク・うどぶき・タラの芽・こごみ・ふきのとう

 

うど

あまり大きいのは固くなってしまうので、枯葉の中に埋まってるものか、上の柔らかい部位のみをカッターで切って収穫。

天ぷら・きんぴら・煮物など。

うどうど

 

 

うどぶき

三角の葉が特徴。

お浸しにすると美味しい!

うどぶきうどぶき

 

 

こごみ

先がくるくる巻いていて、葉っぱがあまり大きくなっていないものが柔らかい。

シダ系の山菜。茎の方は葉っぱが口さわり悪いので、しごいて取ってから調理する。

お浸しや天ぷらが美味しい。

こごみ

こごみ

 

 

たらの芽

たらの木の新芽。

天ぷらや炒め物などが美味しい。

たらの芽

 

 

ふきのとう

雪解けしたばかりのところだけ収穫できた、この時期まさかのふきのとう。

ふき味噌・天ぷらが一番好き。

ふきのとう

 

 

行者ニンニク

ニラみたいな味。

醤油漬けにしたり炒め物に。

行者ニンニク

 

 

ウルイ

大きな葉に筋の入ったギボウシの仲間です。

ネギに似たぬめりがあり、クセがないのでどんな料理にも合います。

ウルイ

 

 

 

去年は欲張りすぎて摂りすぎましたが、今年は学んでだいぶセーブしました(;´∀`)

そのかわり、色んな種類がちょこちょこ採れたので嬉しかったです!!

 

 

 

収穫した山菜を使ったレシピの記事はこちらから↓

収穫した山菜を使ったレシピの記事はこちらから↓

たっぷり山歩きしたので疲れました~!

 

 

 

 

わらびの小麦粉を使用したあく抜き方法

【小麦粉で簡単下処理】わらびのわさび漬け

こないだの山菜狩りでGETしたわらび。

 

 

 

わらびは、アクがとっても強いので、アクを抜いて下処理をしなければ苦くて食べれませんね。

 

でも、食品用の重曹を使ったり、1日がかりでアク抜きをしなければならない手間が大変です・・・

 

 

しかし、小麦粉と塩を使ったアク抜きがとっても簡単だったのでご紹介します!

 

 

小麦粉を使って簡単にわらびのあく抜きをする方法

わらびの小麦粉を使用したあく抜き方法

わらびの簡単なあく抜き方法をご紹介します。

用意するもの

わらび  約200 グラム
 約1000cc
小麦粉  大さじ6
 小さじ2

※わらびは時間が経つと硬くなってしまうので、できれば採った日のうちに「あく抜き」をしましょう。

手順

【1】わらびの根元の硬い部分などは取り除いておきます。

【2】大きめの鍋に水、小麦粉、塩を加え、よく攪拌する。

【3】火にかけ沸騰したら、きれいに洗ったわらびを入れ、弱火にして4分茹でる。

アクが出てくると真っ白だった小麦粉が茶色く染まってくる

【4】冷水にさらして1時間ほど置く。(2~3回水は変える)ザルにあげ水を切ったらアク抜き終了です!

ポイント

・きれいに洗ったら、輪ゴムで束ねてアク抜きすると扱いやすい。

・お湯の温度が高すぎると、わらびが茹りすぎて食感を損なうので、必ず弱火で煮ましょう。

小麦粉ならだれでも家にあるものですし、短時間でアク抜きが出来るのでおすすめです(*´з`)

 

きちんとアク抜きができたわらびは、切り口がとろっと粘りが出ます。

アク抜きは新鮮のうちにした方がいいですが、1度下処理したわらびは、毎日、お水を取り換えれば冷蔵庫で1週間ほど保存できますよ!

 

生のものからアク抜きしたわらびは、スーパーの食品売り場で目にする「水煮わらび」とは全く別物の食感や風味があります。

是非試してみてくださいね!

 

わらびのわさび漬けのレシピ

アク抜きしたわらびはわさび漬けにしました。

わらびのわさび漬けのレシピ

わらび 150g
白だし 50cc
砂糖 小さじ1
わさび(チューブ) 小さじ1~

わらびを好みの大きさに切って、漬けるだけ!

ピリッと辛くて美味しいよ~🌼

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

お昼休みに裏山へ、山菜採りに行ってきました!

 

GW(ゴールデンウィーク)中に行ってみたらまだつぼみだったので、

 

5日たったGW明けの今日くらいが程よい大きさに成長しているかなとの予想でした。

 

 

i【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!たらの芽つぼみ

 

 

でも、GW中、たくさん人が山に入って、もしかしたら採られているかもしれない・・・( ゚Д゚)

 

と言う不安を抱えながらも入山!

 

 

 

わくわく(/・ω・)/ ドキドキ(/・ω・)/

 

 

 

つぼみだったたらの芽は・・・???

 

 

 

 

い~~~~感じに育ってる~~~(/・ω・)/

 

採られてる木もありましたが、まだまだたくさんある♬

 

 

 

それぞれが無我夢中で採りまくる!!

 

i【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!たらの芽食べごろ

 

 

かなり採れました(^^♪

 

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

 

 

☆戦利品☆

 

 

ざんっ!!

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

 

 

たくさんの山菜にまめもビックリ★

でも、興味なし。

 

 

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

 

山の恵み。

苦みのある春の山菜は、冬にため込んだ老廃物をデトックスする効果がある!

旬のものは太陽と大地から最高の恵みを受けて育っているため、生命力が強く、栄養価も高いので長生きできると言います!

 

美味しそうだね~

 

 

【たらの芽・こしあぶら・わらび】春の山菜採りに行ってきました!

 

 

調理したレシピはまた後ほどアップしたいと思います☆

 

とりあえず今日は、山菜の天ぷら祭りだぁ~~~(/・ω・)/☆

 

ふきのとう狩りと美味しいレシピ

山にはまだ雪が残り、松本市の桜が咲き始める頃、うちの会社の北小野地区ではやっとふきのとうが取れ始めます。

 

春晴れ日和。

お昼休みにふきのとうを取りに行ってきました(^^♪

 

毎年、ふきのとうがざくざくとれる例のポイントに。

 

ふきのとうレシピ

 

あるよ。あるよ。

 

日陰の方は、まだ小さくてもう少し育つまでこのままに。

日当たりの良いポイントは、しっかり、ふきのとうが顔を出しています。

 

ふきのとうレシピ

 

 

 

見つけると、どうしても欲張って、毎年処理(調理するのと食べるの)が大変なので、今日は欲張りすぎず、食べられる分だけ収穫。

 

 

 

「また来週来ればいいからね。」

ふきのとうレシピ

 

ふきのとうのすぐ近くに生えていたかんぞう(別名:かんじん草)一緒に採ってきました。

 

 

収穫したもの

ふきのとうレシピ

収穫①ふきのとう

ふきのとうレシピ

開きすぎてないものは天ぷらなどに使い、開いているのはふき味噌などに使うのがおすすめ☆

 

 

収穫②かんぞう(かんじん草)

収穫②かんじん草

私の地域ではかんじん草と言いますが、全国的には「かんぞう」

根に近い白いところが得に美味しい。

 

 

今回作ったふきのとうの美味しいレシピ

甘すぎないふき味噌焼きおにぎり

甘すぎないふき味噌

道の駅やスーパーで売られているふき味噌は、たいがい甘い味付けですが、甘いふき味噌は苦手です。

家のふき味噌は、ふきのとうをたっぷり入れます!

ごま油で、みじん切りにしたふきのとうを炒め、味噌・みりん・砂糖で味付けしますが、砂糖は少なめにして、ふきのとうの味を存分に味わえるふき味噌。

おにぎりに塗って、ごま油で焼いた焼きおにぎりがお気に入りです。

 

まずは定番!ふきのとうの天ぷら

まずは定番!ふきのとうの天ぷら

 

生で食べるふきのとう奴

生で食べるふきのとう奴

【材料】

ふきのとう 5個~8個
きゅうり 1本
ナス 1本
ごま油 大さじ2
少々
青じそドレッシング 大さじ1
醤油 大さじ1
  1. ふきのとうをみじん切りにして、ボウルに入れごま油を入れ混ぜておく。
  2. きゅうり・ナスもみじん切りにして塩を振り、しんなりさせておく。
  3. 1.と2.を一緒にし、青じそドレッシング、醤油を混ぜ、10分くらい置けば出来上がり★
  4. 冷奴にかけて食べます。

生で食べるふきのとう奴

置くときゅうりやナスから水分が出て、ひたひたになります。

生のふきのとうをそのまま食べれるのは採れたてだからできるレシピ。

生のふきのとうはアクがありそうなイメージですが、刻んですぐごま油をまぶすので、まったく感じないですし、時間がたってもきれいなグリーンも保てます。

ふきのとうのほろ苦なのせダレがお酒のおつまみにも◎!!

 

 

 

ふきのとうのオイル漬け

ふきのとうのオイル漬け

たくさん採って、長く持たせたいなら、「オイル漬け」にしておくのが一番!

塩茹でし、水分をしぼって、塩・オリーブオイルで漬けておきます。

春パスタ、サラダのトッピング、お肉や魚の付け合わせに。

緑も鮮やかなまま、保存しておけるのでおすすめです!

 

 

 

ふきのとうの春巻き

ふきのとうの春巻き

 

 

サバ缶+ふきのとう+クリームチーズを包む春巻きです!!

ふきのとうは生のまま包むので、巻く直前に縦半分に切ります。

(時間がたつとアクが出て変色するため。)

 

ふきのとうの春巻き

さばの水煮缶は酢醤油で。

さばの味噌煮缶はそのままいただきます。

おつまみにどうぞ。

 

 

かんぞう(かんじん草)の美味しいレシピ

かんじん草の美味しいレシピ

サッと茹でて、酢味噌(酢・味噌・砂糖)で和えるだけ。

茹ですぎると美味しくないよ!

まだ、来週採りに行くのでレシピを載せたいと思います(^^♪

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ8品

新穂高に山菜採りに行ってきました!

毎年この時期になると新穂高にうどを採りに行きます。

今年は、桜が早かったのでそれも踏まえて早めに行ってきました。

 

 

新穂高登山口から

 

登り口は槍ヶ岳や穂高連峰の登山口から入ります。

ここからは、車両通行止めです。

 

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

 

松本市は暑いくらいの天気の良さでしたが、ここまでくると肌寒い・・・

カッパ兼防寒着のジャンパーを着用しました。

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

 

 

 

自然豊かな新穂高

10分ほど歩くと左手には、壮大な蒲田川が広がります。

ちょうど雪解けの時期と、昨日の大雨で増水状態!!

近くい行くと、水かさを増して恐ろしいほどゴーゴーと流れていました。

 

蒲田川

蒲田川

でも、増水しても濁ることなく透き通った清水で、マイナスイオンMAX!!

山は霧がかっていて仙人が出てきそうな雰囲気です・・・(。-`ω-)

 

 

山菜採り(ウド・ウドブキ・こごみ・タラの芽)

更に歩いて20分ほどで、うどのたくさん生えているポイント地点で山菜採り開始!!

山うど

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

細かい毛が生えていています。

採りに来るのがちょっと遅かったようで、大きく成長していましたが、茎が柔らかそうなものを採りました。

天ぷら用に上の柔らかいとこをカットしたのがたくさんありましたが、うどが美味しいのは、土がかぶってる根の上の部分!

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

土をほじって下の方からカッターで切り取ります。

ピンクっぽい皮で覆われた白い部分が柔らかく、生で食べれるので、なるべく下の方から採ります。

 

 

 

うどぶき

うどぶき

葉っぱが三角の形をしているのが特徴です。

手でポキッと折れるところから採ります。

お浸しが美味しい。

 

 

タラの芽

タラの芽

チクチクしたタラの木の新芽です。

タラの芽もチクチクしたとげがあります。

 

こごみ

こごみ

わらびやゼンマイに似ていてクルッとした植物です。

わらびは発がん性物質がありますし、ぜんまいはあくが強すぎるので注意が必要です!

こごみは茹でるだけで食べれます!

 

 

欲張ってリュックが閉まらないくらい、とってもたくさん採れました(*´ω`*)

 

うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品うど山菜採りと 山うどの美味しいレシピ4品&おまけ1品

 

 

 

山菜の美味しいレシピ

山うどの下ごしらえ【あく抜き】

うどはアクが強いためアク抜きが必要です。

重曹や酢を使ったアク抜きの方法もありますが、採ったばかりで新鮮なので、冷水に浸けるだけでOK!

10分くらいで水が茶色くなるので、2回くらい水を替えます。

煮物やうど汁用

山うどの下ごしらえ【あく抜き】

茎の部分。

硬い部分でも皮を剥いた芯の部分は使えます。

 

金平用

山うどの下ごしらえ【あく抜き】

剥いた皮やどの部分でもOK!

細切りにする

 

うどは部位によって色んなレシピに使い分けます。

棒のように固い茎は捨てましょう!

 

 

山うどのレシピ【うどの煮物】

山うどのレシピ【うどの煮物】

にんじん・油揚げ入り。

うどはあまり煮るとクタクタになってしまうので注意!

薄口しょうゆ・みりん・酒で味付けしました。

 

ポイント

うどは油と相性が良いので、油揚げの他、豚バラなどを入れても◎

うどのみで煮る場合は、サラダ油を少し入れるとコクが出ます。

 

 

山うどのレシピ【サバ缶のうど汁】

山うどのレシピ【うど汁】

煮物用の茎の部分や葉の部分など、固いところ意外は全部使えるうど汁は、サバの水煮缶と一緒に煮ました。

サバ缶の良い出汁が出て美味しいです(*´▽`*)

 

ポイント
薄口しょうゆ・味噌で味付けして、酒粕も入れるのがおすすめ!!
美味しすぎて、3杯くらいおかわりしました!

 

 

山うどのレシピ【うどの金平】

山うどのレシピ【うどの金平】

金平用にあく抜きしたうどをしっかり水を切って、ごま油で少し炒め、醤油・砂糖・酒で味付けして炒め煮します。

味付けが薄めの方がおすすめです!

おつまみに最適★

いっぱい作って小分けにして冷凍できます。

 

 

うどの金平アレンジレシピ【金平入りつくね】

うどの金平アレンジレシピ【金平入りつくね】

余ったうどの金平をみじん切り(100g)

豚ひき肉(300g)

卵・片栗粉をよく混ぜつくねにしました。

金平の味が付いていますが、薄いようなら酒・醤油・みりん・砂糖などで味付けしましょう!

 

 

山うどのレシピ【うどの酢みそ和え&梅マヨ和え】

山うどのレシピ【うどの酢みそ和え】

 

根の上の白い部分の皮を剥き、スライスしてアク抜きし、生のまま和えます。

酢味噌(酢・味噌・砂糖)

梅マヨ(梅のたたき・マヨネーズ・和風ドレッシング)

時間が経つとあくで茶色くなりますが、食べれますよ☆

 

 

山うどのレシピ【天ぷら】

山うどのレシピ【天ぷら】

うどの葉っぱが小さくて、茎も柔らかい部分はそのまま天ぷらにします。

タラの芽も一緒に。

 

ポイント
天ぷらにする1時間前くらに新聞紙の上に出して乾燥させておくと、いい感じに水分が抜けて時間が経ってもしんなりせずに、サクッとした天ぷらになるよ☆

 

 

ウドブキの美味しいレシピ【お浸し】

ウドブキの美味しいレシピ【お浸し】

茹でてかつお節と醤油でシンプルなお浸しです。

シャキシャキした歯ごたえと、味は「うどぶき」と言う名の通り、「うど」と「ふき」の中間と言った感じで風味があって美味しいです。

アクもなくサッパリとしてます。

 

 

 

山菜採りは楽しいですが、山うどはアクが強くて、手も包丁もベタベタ、爪の間も真っ黒になって下処理が大変ですね!

でも、美味しいので頑張れます!

もう嫌になったら、ポイポイ何でもうど汁に入れちゃいます!

うど汁はアク抜きしなくても、酒粕でまろやかになるので全然美味しいですよ!

試してみてください(*^▽^*)

 


グリーン企画バナー④