カーポートの施工例と種類リクシル

リクシルカーポート

key_a112_01
屋根の素材に多く用いられるポリカーボネート。
性能を高めたタイプも
カーポートの屋根の素材には、
大きく分けると、ポリカーボネートやFRP、
などの光を通すスチール樹脂系タイプと、
折板を使った金属製の2種類があります。
それぞれの特徴に違いはありますが、
両方とも異形の敷地に合わせたり、積雪地タイプもあります。
またアルミを木目で化粧した、意匠性に優れたタイプもあります。

ポリカーボネート

ポリーカーボネイトは強度にすぐれ、
防火性能も高く、紫外線を遮ることができます。
さらにカーポート用の場合、特殊コーティングで、
有害な紫外線をほぼ100%カットします。
ですからお車の塗装の色褪せ、
シートの日焼けなどを防ぐことができます。
ブラウン系やブルー系の色つきタイプから透明なタイプ、
半透明なタイプなどの多くのバリエーションから選べます。

また、熱線吸収(遮断)機能の持をもたせた、
ポリカーボネート製品もあり、熱線をカットするので、
明るさを保ちながら、真夏の太陽光のによる車内温度の上昇を抑えることが可能です。
img_a112924_41 img_a112924_07 img_a112924_39

FRP板

FRPはガラス繊維強化プラスチック(fiber glass reinforced plastic)のことです。
強度に優れ、住宅のバルコニーや、公園のすべり台などの遊具、
ユニットバスによく使われます。
建熱線遮断タイプの素材もあり、建物に隣接して、
設置した場合は、室内の温度上昇も軽減し、省エネにも貢献します。

スチール折板

ガルバリウム鋼板などがあり、耐荷重性と遮熱性に優れた素材です。
積雪、強風のエリアに適しています。
太陽光を完全に遮断する素材ですが、樹脂製折半の採光パーツも選択でき、
明るさを確保も可能で、隣地に近い場合にも心配なく使えます。
img_a112924_13 img_a112924_16 img_a112924_30

アルミ樹脂複合板

アルミシート+樹脂芯材の組み合わせで、熱に強く燃えにくく、
紫外線はもちろん、熱もほぼ完全にカットします。優れた耐衝撃強度もあるので、落下物からお車をガードします。

カーポートの6個のメリット

雨の日の乗降者や、荷物の積み下ろしの際に、傘が必要ないので便利です。
雨風を防げるので、洗車後のお車を綺麗に保てます。
霜や雪を防ぐので、雪かきや霜とりの労力を減らせます。
紫外線をカットするので、塗装の色あせや社内の色あせを抑える事ができます。
落下物からお車を守ります。
太陽光を遮るので、夏場の車内温度の上昇を抑えます・