寄せ植えの縁取りにおすすめの植物②

銀白色が美しい『シロタエギク』

シロタエギクは、別名「ダスティーミラー」とも呼ばれ、一年中銀白色の毛が生えたシルバーリーフが美しい葉が楽しめます。メインの花と組み合わせることで、主役をよく引き立てます。耐寒性が強く、冬の寄せ植えでも問題なく出来、育てやすいので初心者でもおすすめです。
草丈:10~60cm

ミニコスモスのような『ブラキカム』

小さいコスモスのような花が可愛らしいブラキカムは、水はけがよく、保水力のある酸性の用土を好みます。水をあげすぎると根腐れしやすい反面、根が乾燥にも弱く、水の与えすぎと水のやり忘れの両方気を付けましょう。寄せ植えする場合は、通気性の良いテラコッタ製の鉢に、水はけのよい用土を使って植えると比較的上手に育ちます。
草丈:10~30cm程度 開花期:3月~11月

 

斑入りの葉が美しい『キボウシ』

世界の温帯地域で栽培されているキボウシは、日本列島でも各地に普通に見られる多年草です。日本に分布する品種だけでも40種類ほどあり、取水によって光沢のあるもの、つや消しのもの、白粉を帯びるもの、しわの目立つものなど様々です。花は白から淡紫色の花を多数咲かせますが、花よりも美しい葉が人気の植物です。
草丈:15~200cm 開花期:7月~8月。