庭が寂しくなる冬はコンテナーガーデニングで華やかに!

庭が寂しくなる冬はコンテナーガーデニングで華やかに!

冬は、庭の植物も花や葉が落ちじっと寒さに耐えています。

1年中緑の葉をつける常緑樹でも、茎葉もがっしりと硬くなり、
柔らかな動きや、彩り良い色の少ない季節ですよね。

これも自然の姿なのですが、やはり寂しい気持ちになってしまいます。

そんな時はコンテナーなどの寄せ植えで楽しめる植物を楽しんでみませんか?

春を待つピンクが鮮やかなアザレア

大輪八重咲きの豪華な花を、冬に咲かせるアザレアは、
ツツジ科の植物で初心者でも育てやすいのが人気です。

種類も様々で、薄ピンクのかわいらしい花をつけるのが「ロマンスパール」

真っ白な雪のような花をつける「越の淡雪」

紫がかった鮮やかなピンクの「ロザリー」などがあります。

フェカス・プミラ・セイシボクなどと一緒に寄せ植えするのがおすすめです。

クリスマスにぴったりなポインセチア

クリスマスにぴったりのポインセチアは、
苞が色づいている時の植えかえは嫌うので、
同じプランターに他の植物と寄せ植えする場合は
ポットのまま植えかえをすると
シーズン後に他の花と差し替えることができます。

クリスマス時期に出回る事から寒さに強いイメージですが、
意外と寒さに弱く、室内温度が5℃以下だと枯れてしまいます。
10℃以上に保つようにしましょう!

葉物の表情でプランターを彩る

花の少ない冬は、カラーリーフや植物の葉の形などで楽しんでみるのもいいですね!

バラのような可愛らしい葉牡丹は
花のような存在感のある植物です。

実は、キャベツの仲間で紅、クリーム、白、ピンクなど
色とりどりのカラーがありますが葉っぱなんですよ!

葉牡丹の苗は、10~11月頃に鉢や花壇に植え付けます。

他にもすっと伸びたマツの仲間のダイオウショウなども
ワンポイントに使うとモダンにも和風にもなりおすすめです。

うさぎのような可愛い寄せ植えビオラ

うさぎの耳ような2股に分かれた花びらがかわいいビオララビットは、
11月頃から花が咲き、翌年の5月頃まで咲き続けます。

苗も安くて、ホームセンターなどどこでも手に入りやすいので
おすすめの植物です。

 

 

寒くなりますが、ガーデングッズをしまいこまずに
まだまだガーデニングを楽しんでみてくださいね(*´▽`*)