愛猫を庭で遊ばせたい方、必見!猫専用の庭の作り方

愛猫を庭で遊ばせたい方、必見!猫専用の庭の作り方

最近、猫人気が再燃していて、テレビ番組などでも猫を特集した番組をよく見かけませんか?

そう言うグリーン企画でも、3匹のにゃんこを飼っています!


そんな3匹の猫たちも良く外を眺めたり、
たまに脱走したりするので
外に出てみたいのかなぁと思いますが、
会社の外には野良猫や野生動物もたくさんいて、
病気を移されたりしたら嫌なので
一切出さないようにしています。

(外の空気を吸える、窓から顔出しタイム↓ ↓)

必ず取り合いになる!

(ただ、盲目のみかんだけは目が見えないため、絶対そばから離れないので
人間が見ている時のみ、1日に1回お散歩に連れて行きます。)

猫は本来、自由を愛する動物なので、
行動範囲が広ければ嬉しいでしょうし、
外で虫狩りをしたり
毛づくろいで胃の中に溜まった毛玉の掃除のために
草を食べたい気持ちもあるのかな?って、、、

 

もちろん、家と外を自由に行き来している家もありますが、
ケンカをしたり事故にあったりする危険がグッと上がるので、
獣医さんも完全室内飼いを強く進めています。

 

完全室内飼いが条件の、猫好き飼い主のための願いを叶えた庭づくりについてまとめてみました☆

 

猫が飛び越えられる高さや条件

  • 金網ネットフェンスはよじ登れる
  • 2mは余裕で飛び乗れる
  • 若くて体重の軽い猫なら3mも飛び乗れる

 

猫が飛び乗れない高さのものを選ぶ

やはり、猫を庭に出したい場合は、相当高いフェンスを付けなければいけません!!

しかし、3mのフェンスなんて高すぎて、まるで監獄のよう・・・
圧迫感が半端ないですよね( ゚Д゚)

しかも自分の家の猫が飛び越えられなくても、外から他の猫が入ってこれるようなら元の子もありません。。。

さらに、フェンスの形状にも注意!!

  • 猫は顔が入ってしまうスペースは、通り抜けられる。
  • 少しでも、突起があれば、足場や突っかかりにしてよじ登ってしまう

ことも要注意です☆

 

安全で脱走できない猫のための庭など作れるのか?

上記のことからも、外からの侵入者の心配もなく
脱走できない猫の為の庭づくりなんて不可能に近いですよね。

でも、諦めるのは早いです・・・!!!

猫に外の空気を吸わしてあげたい!と思うなら、

  • ベランダの柵をベランダ屋根までネットなどで隙間なく囲う
  • サンルームを作る
  • 土や草に触れさせたかったら、床のない四方が囲われたテラス屋根

などいかがでしょか?

猫はしばられることが嫌いなので、
子供の頃から慣らすことが出来ればリードを付けて出すのもいいですね!

 

【猫を飼っている方におすすめサンルーム施工例】

【猫を飼っている方におすすめサンルーム施工例】

床は芝やクッションタイルなどで猫ちゃんに優しく。

今回はお手入れが簡単な人工芝を使用しました。

手づくりのキャットタワーやベンチ、水場などもあり、猫ちゃんの良いくつろぎ場になりました。近くに日陰になる庭木も植えてあげましょう!

 

 

グリーン企画の猫用テラス作成中!

そうゆうグリーン企画にも猫が3匹いるので、
猫たちがストレスが溜まらないように
色んな工夫をしています(*’▽’)

お手製の収納棚から渡れるキャットウォークなど↓ ↓
右側は日向ぼっこスペース
左側は段ボールスペース

さらに、グリーン企画は傾斜に建っている高床式みたいな建物なので、窓から出れる猫用のベランダを作成中です!

(まだ枠組みしかできてませんが・・・↓ ↓)

 

グリーン企画の猫たちも待ちわびている猫専用テラス

また、完成したら報告しますね☆

 

(これからは、寒くなるので休工中で来春お楽しみに!!!)

 

 

 

【追記】猫専用ベランダ完成しました!

我が会社の猫3匹の憩いの場!

猫たちの表情が全てを物語っています!

 

ブログ記事