植木・庭木の剪定実例とおすすめ剪定時期(塩尻市・松本市・安曇野市)

塩尻市Y宅の庭木・植木の剪定実例

塩尻市の庭木を剪定いたしました。

剪定前はコレ↓  ↓  ↓

生い茂った庭木がとても迫力のある立派な和風のお庭ですが、庭木が伸びきってしまい、ボサボサ状態であまりいい印象を与えませんね。
また、乱雑に伸び放題になった枝葉が大きな日陰を作り、日当たりも悪くしてしまっています。
庭木や植木が伸びて、うっそうとした庭になってしまうと、目が行き届かない枝葉の中に害虫が大量発生して、庭木ごとダメにしてしまう場合もありますね。

剪定後のお庭↓  ↓  ↓

庭木の枝葉がバランス良く剪定され、すっきりとしましたね。
採光性もよくなり、お家の日当たりも良くなりました。

お庭もより一層見栄えも良くなり見違えますね☆☆☆

基本の剪定時期

剪定時期は、ほとんどが夏季の剪定が基本です。
水揚げも良く、植物の生長時期である夏季は、一番心配のない剪定時期ですね。

グリーン企画で依頼される剪定は、ほとんどが7月から8月にかけてに集中しています。
やはり、お盆前にお庭を整えておきたいとの事ですが、やはり複数の剪定依頼が重なってしまう事もあります。

おすすめの剪定時期

  • 新芽が育つ5月ごろの庭木(スギ ・マツ・マキ・ゴールドクレスト ・コニファー類 )の場合は、剪定依頼が込み合わない3月~4月の春もおすすめです。
  • キンモクセイ ・サザンカ・ツバキ・カシ ・サツキ などの常緑広葉樹は、新芽が落ち着いたころの5月下旬~6月もおすすめです。
  • アオハダ ・アオダモ・ヤマボウシ ・ハナミズキなど冬に葉が落ちてしまう広葉樹の場合は、12月~2月の冬季剪定がおすすめです。
    逆に活動が活発な4月~8月は樹液が垂れ、木にとってダメージになってしまう場合もあります。

ご自身で剪定する基本的な場合をご紹介しましたが、グリーン企画では一度の剪定でどんな庭木も痛みにくい加工も致します。
見積り・ご相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください。